中圧鋼管継手活管仮修繕工法

中圧供給ラインにおける鋼管フランジ継手接合部からの、ガス漏れ仮修理に適用される工法です。

この上でダブルクリック - 見出しの編集

この上でダブルクリック - テキストの編集

この上でマウスを長押し - パーツの追加・変更・削除・移動

お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:06-6220-1224

FAX:06-6220-1240

営業時間平日:9:00~17:40

担当:広域営業部まで

WEBからのお問い合わせ 24時間受付中

工法の概要

  • 中圧A・B路線のフランジ継手接合部から漏洩が発生した場合、ガスを減圧停止することなく、活管で外面から官位に施工できるようにしたものである。(仮修繕工法)
  • サイズを任意に調整できるゴムベルトをフランジ継手外周部に巻付け、スチールベルトで締付け、フランジとゴムベルトの隙間にシール剤(ウレタン系2液混合水膨潤ゴム)を注入、漏れが止まるまで加圧充填する。

※中圧Aの600Aのみ特殊鋼製リングで締付ける

適用範囲

  • フランジ継手部の微量漏れで、取替や増締めによる修繕が困難な場合に適用します。
    (仮修繕工法)
  • 管径は1OOA~600Aまで適用します。
項目 内容 備考
ガス種 都市ガス
LPガス
-
配管位置 架空部フランジ継手
FF・RF接合
地中埋設除く
漏れ形態 パッキン劣化
歪み等による漏れ
腐食、破損、締付不足除く
漏れ量 微少漏れ(力二泡程度) 漏れ量が多い場合は、シールできないことがある
管径 100~600A -
圧力 中圧A、B (0.1~0.99MPa) -

施工手順

材料

①ゴムベルト(材質NR)
100~300A
400~600Aの2種類

②スチールベルト
(中A600Aのみ特殊鋼製バンド)

③シール剤(ウレタン系)
(2液混合水膨潤ゴム)

ページの先頭へ