シャトルライニング工法

本工法は、ガス供給管及び灯外内管の「継手漏えい予防」・「腐食漏えい予防」を目的として、ガス管の内面にエポキシ樹脂のライニング膜を形成する工法です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:06-6220-1224

FAX:06-6220-1240

営業時間平日:9:00~17:40

担当:広域営業部まで

WEBからのお問い合わせ 24時間受付中

目的

 本工法は、ガス供給管及び灯外内管の「継手漏えい予防」・「腐食漏えい予防」を目的として、ガス管の内面にエポキシ樹脂のライニング膜を形成する工法です。 
本工法は「供内管腐食対策ガイドライン」に規定された「更生修理工法」の評価基準に適合しており、また40年以上の耐久性を持つことが確認されています。
さらに技術開発により、これまで適用が不可能であった異径配管にも本工法の施工が可能になり、適用範囲も広がっています。

ページの先頭へ