大口径PE管(150A/200A)緊急遮断治具

PE管が他工事破損された場合、現行では破損穴にウ工スを詰めこみ、テープ等を巻き付けて仮手当てを行うというのが一般的です。

しかし、この方法では、安全性や確実性といった点で問題があり、地上から容易にガスを遮断する工法を開発しました。

お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:06-6220-1224

FAX:06-6220-1240

営業時間平日:9:00~17:40

担当:広域営業部まで

WEBからのお問い合わせ 24時間受付中

工法の概要

直接穿孔方式

ガスバッグを内蔵した穿孔冶具で破損孔の両側に直接穿孔し、ガスを遮断します。

施工手順

①管表面が見えるまで掘削する。

②遮断冶具にバッグを挿入し、管表面の真上にセンタードリルをセットし穿孔する。

③穿孔後、ガスパッグを上流側に挿入する。

④ゲージ付きホースと工アーポンプを繋ぎ、工アーポンプで0.09MPaまで工アーを入れる。

⑤遮断冶具の上部より越ガスの有無を確認し、ケージ付きホースを取り外す。

効果

PE管は鋳鉄管や鋼管と異なり、比較的大きな破損穴になったり、破損穴がめくれあがったりすることがあります。従来は粘土やウ工スを詰めて仮手当て行っていましたが、作業者が破損穴に近づく必要があり、危険を伴う作業でした。本工法では作業者は破損穴に近づくことなく、地上からガス遮断が可能であるので、作業の安全性が大きく向上しました。

メリット

  • 作業時間の短縮(穿孔時間:1分以内、ガス遮断:1分以内、計2分以内で作業完了)
  • 掘削面積の縮小
  • バイパスサドルを使用するため、サービスチ一、サドルキャッブの不使用によるコストダウンを達成

穿孔冶具工具『(穿孔遮断冶具:150/200A兼用、300A用)』

ページの先頭へ